医者

呼吸器内科の判定と治療

専門的な知識で的確な判定

寝ている女性

睡眠しているときに、呼吸が10秒以上完全に停止した状態になることを、無呼吸と呼んでいます。これに対して睡眠しているときに、呼吸が完全に停止する一歩手前の状態を、低呼吸と呼んでいます。この無呼吸と低呼吸が、1時間に何回発生するかによって、重症度の基準にしているのがAHIです。AHIが5未満の場合には、正常と分類されます。しかしAHIが5以上になると、睡眠呼吸障害に分類されます。この睡眠呼吸障害に分類されて、昼間に倦怠感や眠気などが加わっていると、睡眠時無呼吸症候群です。睡眠時無呼吸症候群は、AHIによってさらに軽度と中度と重度の3つに分類しています。こうした睡眠時無呼吸症候群の重症度の判定は、専門的な知識が必要です。したがって睡眠時無呼吸症候群は、呼吸器内科に受診すると、的確な判定が行えます。

よく行われる治療法

実際に呼吸器内科に受診して、睡眠時無呼吸症候群と判定されたら、治療を開始することになります。そうした呼吸器内科で行われる治療法のなかで、よく行われるのが持続陽圧呼吸療法です。ただし持続陽圧呼吸療法は、AHIで中度以上の人に適応される治療法です。この治療法では、圧力をかけた空気を直接気道に送り込みます。すると空気の圧力によって、無呼吸や低呼吸の原因となる、舌根の沈下を防いでくれます。舌根の沈下が起こらなければ、気道の閉塞が起こらないために、睡眠時無呼吸症候群の改善が可能です。また空気の圧力は、眠り難くなるほどの強いものではありません。そのため持続陽圧呼吸療法を行っても、気にせずに眠ることができます。